パラレルキャリアな視点

Parallel Carrier

ブログ

副業はやるべきか?副業での平均収入【事例有】

働きかたの多様化により、
企業に属さなくとも、
仕事がしやすくなった時代です。

一度は、自分で何か収入を作ろうかと、
考えた人も居らっしゃるかと思います。

パラレルキャリアを構築し働くと、
「いくら稼げるのが普通なのか?」

既にキャリア形成を始めている方も、
これから始めたい方も、
気になる方は多いのではないでしょうか?

今回は、多くの人が気になる、
パラレルキャリアの収入に関して、
日本の平均と、筆者の20代前半時の年収事例も添えて、解説していきます。

この記事を読んで、自身の未来予測に役立ててください。

日本人の復業での平均収入はいくら?

日系経済新聞記載パーソナル総合研究所
「副業の実態・意識調査」により、
20~50代の1万3958人のデータを調査した結果が出ました。

これによると、副業の平均月収は、
6万8200円、平均時給は1652円の結果になったそうです。

最も多い割合は、「5~9万円台」が24%

30万円以上の回答は4%
を占めたそうです。

この結果から、復業した際平均年収は、81万8千400円になる計算です。

日本の本業のみの、平均年収は、平成30年時点で、441万円となり合計すると、

平均収入522万8千400円となる計算です。

復業収入を貰うだけでも、大きく変わることが分かります。

筆者の23歳の時の事例を紹介

23歳の時、筆者は自動車会社に勤めていました。

パラレルキャリアとして、
営業代行、イベント業、人材紹介
を始めて1年経つころのデータです。

23歳時

・自動車会社(エンジニア):年収400万

・営業代行:
月10~月20万(中央値計算年収:180万)

・イベント業:
月1万~2万(中央値計算年収:18万)

・人材紹介:
月5万~9万(中央値計算年収:84万)

合計:682万

という計算になります。

多少復業収入にばらつきがありましたが、おおよそこのくらいです。

特別なスキルはなく、仲介業としてのセールススキルを磨いていました。

どのように仕事を取っていたのか?などは僕のブログにも記載しています。

ぜひご参考にしてみてください。

「こんなに稼げない…」

「長時間は働きたくない…」

そんなことを思う方もいらっしゃると思うので、次の項目では、流されずに自分の目標を設定することに、触れていきます。

大事なことは、
自分がいくら必要なのか?

ここまでは、平均や、事例に関して公開してきました。

ですが最も重要なことは、
自身の人生プランに、
いくら必要なのか知ることです。

その目標を達成すれば、いくらでも構わないと僕は考えています。

必要な金額によって、取り組むべきキャリアプランも変わってきます。

その為、収入に関して、どのくらい必要なのか把握していきましょう。

自分の必要としている収入の出し方

自分がいくら必要なのか?

算出する為の手段を提案していきます。

1.貯金したい額から決める

毎月5万円貯金する。

年間80万円貯金するなど

明確な金額を貯金することを決めて、
必要な収入を出して行く方法。

ここで出した数字を、
収入-支出をして、貯金できる
金額で割れば、
何か月で貯まるか分かります。

2.欲しいもの、体験から決める

自分の欲しいものや、体験したいことをリスト化して、「それ」がいくらか調べることでも決めることができます。

あなたの欲しいもの、得たい体験の値段はいくらか、調べないで分かりますか?
多くの方は、不明確だと思います。

ぜひこの機会に、確認してみてください。

・高級時計が欲しい

・ディズニーランドホテルに泊まりたい

などの体験から、必要な金額を調べて出す場合もあります。

その際は、
「いつまでに」その目標を叶えるか決めることも重要です。

パラレルキャリアの形成に活かせるサービス

パラレルキャリアに関しても、何からしたら良いかわからないと言う方に、
仕事の種類や、仕事の獲得のヒントになるようなサイトを紹介します。

クラウドワークス

このサイトはウェブ上で、仕事の発注、
受注ができるサイトです。

登録は無料で、どのような仕事が、需要あるかを見ることもできます。

https://crowdworks.jp/

ランサーズ

クラウドワークスと同様の仕事の
発注、受注ができるサイトです。

登録は無料ですので、両方見てみると良いと思います。

https://www.lancers.jp/

タイムチケット

あなたの隙間時間を販売することができる、サイトです。

登録して出品するには、本人確認などが必要ですが、自分のスキルを売り出すことができることが特徴です。

https://www.timeticket.jp/

ココナラ

「得意を売りたいココナラ」というCMでおなじみの、スキルのフリマサイトです

こちらもタイムチケットと同様のに、自分のスキルを売り出すことができます。

https://coconala.com/

Twitter

筆者の僕はTwitterで、仕事の獲得をしていました。

講演依頼の受注、コンサルティングの受注、転職支援など、仕事を獲得することができています。

Twitterのメリットに関しては、また詳しく記事にします。

まとめ

パラレルキャリアの収入に関して少しずつ、イメージが湧いてきましたか?

冒頭の繰り返しになりますが、現在では、収入を作る手段は、多く存在しています。

自分で制限すること無く、
様々な仕事にチャレンジしてくれる人が増えると嬉しいです。

仕事の獲得の仕方に関しては、
僕のブログにも載せておりますので、
ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

-ブログ
-,

Copyright© Parallel Carrier , 2020 All Rights Reserved.